熊本の建設業許可申請、経営事項審査なら行政書士法人WITHNESSへ

HOME » 建設業の各種変更届 » 役員変更

役員変更

建設業の許可を取得した後、代表者や取締役等の変更をする場合、役員登記の手続きと併せて、建設業許可の変更届も提出しなければなりません。

建設業の役員変更届は30日以内に提出しなければなりませんが、忘れがちになるため登記の手続きが終わるのと一緒に変更届も県へ提出します。

役員変更の中でも辞任の場合は特に注意が必要となるため、登記する前に必ず確認を行いましょう。

役員変更の際の注意点

辞任する役員が経営業務の管理責任者(経管)・専任技術者だった場合は、経管や専任としての要件を満たす役員が就任しなければ建設業の許可を継続させることができなくなります。

交代要員がいた場合でも、実績の証明ができない場合は役員に追加することはできても経管や専任になることはできなので、辞任や就任の際は書類が揃うことも確認して変更の手続きを行います。

役員変更でうっかり経管や専任技術者を辞任させてしまうと、建設業法違反となり、許可の取消処分の対象となる場合があります。

経管や専任技術者の変更を伴う役員変更届の提出期限は2週間以内となっているので登記の変更手続きが終われば速やかに提出します。

必要書類

役員等の変更(常勤竊粕寀ホ・取締役竊泊纒取締役含む)

  • 変更届出書
  • 役員の一覧表
  • 誓約書(辞任の場合は不要)
  • 許可申請者の調書(辞任の場合は不要)
  • 登記されてないことの証明書(辞任の場合は不要)
  • 身分証明書(辞任の場合は不要)
  • 法人の履歴事項全部証明書

経営業務の管理責任者の変更

  • 変更届出書
  • 経営業務の管理責任者証明書
  • 経営業務管理責任者の略歴書
  • 法人の履歴事項全部証明書
  • 経験を証明する確認書類
    過去の経営実績が確認できるものとして、建設業許可申請書・変更届出書・経審書類等がありますが、ない場合は工事請負契約書・注文書及び請書・請求書が必要となります。
  • 常勤性の確認書類
    社会保険等書類の写し、賃金台帳、直近3ヶ月分の出勤簿等

※役員変更が必要ない場合はこちらの書類だけ提出します。

専任技術者の変更

  • 変更届出書
  • 専任技術者の証明書
  • 常勤性の確認書類
    社会保険等書類の写し、賃金台帳、直近3ヶ月分の出勤簿等
  • 資格を証明するもの
    免許・資格の写しと原本持参。削除の場合は不要

※役員変更が必要ない場合はこちらお書類だけ提出します

建設業許可申請に係る書類は平成27年4月1日より一部変更となっていますので、熊本県庁のホームページ等でご確認下さい。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

お問い合わせはこちら

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人 / 城本 亜弥
熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000 / FAX 096-283-6001
MAIL:info@kumamoto-kensetsu.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab