熊本の建設業許可申請、経営事項審査なら行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)へ

HOME » 建設業許可の基礎知識 » 営業所の要件

営業所の要件

建設業許可を申請するには営業所を設置しなければなりません。

これは自己所有の事務所、自宅、賃貸されている建物でも構いません。

設置する営業所とは、常時、建設工事の見積もり、請負契約の締結、入札等を行い、建設業に実質関わる事務所のことをいいますので、建設業に関係の無い営業所や登記上の本店などは建設業の営業所としては対象外となります。

また、建設業に関わる作業所や工事事務所も営業所としては含まれません。

県内に設置する営業所が本店の他に複数ある場合は支店、営業所として全て申請します。

その際には営業所ごとに専任技術者を配置することになるので、申請前に営業所と専任技術者の要件を確認する必要があります。

営業所の要件

  • 所有者の確認

    個人の場合

    事業主本人の持ち物であれば建物の謄本で所有者欄が本人名義であることを確認。

    賃貸の場合は、建物賃貸借契約書で確認。居住用となっていれば建物使用承諾書に家主から承諾をもらう。

    法人の場合

    法人所有であれば建物の謄本で所有者欄が法人名義であることを確認。

    代表者個人の所有であれば、個人から法人への建物使用承諾書を作成。

    賃貸の場合は建物賃貸借契約書で確認。

  • 建設業の契約等を行うための事務所であることの確認

    入口、内観、外観(看板)の含まれた写真と地図を添付することで実在することの確認。

    建設業以外の業務で事務所を兼用する場合は間仕切り等で分割されていること。

  • 許可票の設置
    許可取得後は建設業許可票を設置すること。

複数の営業所を申請する際は、それぞれに要件を満たす書類を添付する必要があります。

許可取得後は申請された営業所への実態調査がありますので、架空の営業所や、所在地が異なっていた場合など悪質な場合は許可の取消となることがあります。

登記上の本店所在地と営業所が異なる場合は?

法人の場合必ず法人の履歴事項全部証明書(謄本)を添付しますが、本店の所在地と実際の営業者が異なる場合は、実際営業所のある所在地で申請します。

この場合の申請住所は事実上の住所になりますが、登記上の住所も記載して申請します。

また、本店が建設業以外の事業をしており、支店のみで建設業を営む場合は、支店を本店として申請します。

所在地に関しては、実際に存在しなかったことや、申請後許可が下りる前に移転するなどの事例から審査の際にも厳しくなってきています。

特に登記上と事実上が異なる場合はレアケースとなるので、自分で判断するよりも事前に相談されると確実です。

熊本県内の営業所であれば複数あっても熊本県知事許可で申請できますが、複数の営業所が熊本県外に渡ると大臣許可となり、申請方法が異なりますので大臣許可の要件を確認することになります。

→ 日本政策金融公庫や信用保証協会からの融資・資金調達でお悩みの方はこちら

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。
  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

お問い合わせはこちら

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 渡邉 徳人
熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000 / FAX 096-283-6001
MAIL:info@kumamoto-kensetsu.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab