熊本の建設業許可申請、経営事項審査なら行政書士法人WITHNESSへ

HOME » 建設業の各種変更届 » 建設業の法人成り

建設業の法人成り

建設業許可を取得して営業している個人事業主が、会社設立をして法人へと組織変更する場合、個人事業主は廃業届を提出し、新たに法人で許可を取得する必要があります。

このような場合、一定の要件を満たせば建設業許可番号・経営事項審査の実績を引き継ぐことができます。

組織変更をする際は、建設業の事業承継に関する念書を県へ提出する必要があります。

建設業の事業継承に関する念書ひな形

<個人→法人>

建設業の事業継承に関する念書

平成   年   月   日

熊本県知事 様

(被承継人)個人事業主
住所

名称

事業主名                 印

(承継人)法人
所在地

商号

代表者名                 印

 このたび、承継人の会社設立に当たり、平成  年  月  日をもって被承継人から承継人に対し、被承継人の建設業に関する資産、負債その他営業上の一切の権利、義務を承継し、同日、被承継人の建設業を廃業しました。

 なお、資産、負債の引継ぎ明細書については、平成  年  月  日までに提出いたします。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

お問い合わせはこちら

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人 / 城本 亜弥
熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000 / FAX 096-283-6001
MAIL:info@kumamoto-kensetsu.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab