熊本の建設業許可申請、経営事項審査なら行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)へ

HOME » 建設業許可申請TOPICS » 通信工事業に新資格が追加されました。

通信工事業に新資格が追加されました。

2019年より通信工事業の施工管理技士の資格として「電気通信工事施工管理技士」が新設されました。

電気通信が欠かせない現代社会では一般家庭でも必要となってきており、これから需要が高まる業種の一つとなっていくでしょう。

大きな建築工事に携わっている業者は既に通信工事業の業種追加の依頼も増えてきており、他にも管工事、電気工事と関係してくるので、これらの許可を取得される方は通信工事業の許可も取得される事をお勧めします。

今までの通信工事業の専任要件と言えば、

  • 電気電子・総合技術監理(電気電子)
  • 電気通信主任技術者
  • 通信工事に関する10年の実務経験

でしたが、これに施工管理技士の資格が追加されることになります。

施工管理技士の資格で得られること

  1. 営業所に配置される専任技術者になれます。施工管理技士の資格は既に実務経験を得ていますので、資格と実務経験証明書を併せて添付する必要はありません。
  2. 経営事項審査で加点されます。施工管理技士は技術力評価において加点され、管理技術者証を保持し、講習を受講していれば更に1点加点されます。
    技術力の評価も高まり公共工事にも大きく貢献することができます。
  3. 該当する工事の管理技術者、主任技術者になることができます。

受験資格・日程について

施工管理技士の資格には実務経験を伴いますので、1級と2級のどちらを受験するかで実務経験の年数も違いがあります。

1級は年に1回、2級は年に2回実施されていますので、受験資格や試験日について確認し、受験します。
http://www.jctc.jp/exam/dentsu-2

実務経験として認められない通信工事

  • 事務・設計・積算・保守・点検・維持メンテナンス・営業
  • 工事に関する雑務・単純な労働作業
  • 工程管理・品質管理・安全管理を含まない単純作業
  • アルバイト・派遣による作業
  • 据付作業を含まない工場製作のみの工事
  • 官公庁における行政及び指導・教育機関、研究所等における教育、指導、研究等
→ 日本政策金融公庫や信用保証協会からの融資・資金調達でお悩みの方はこちら

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。
  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

お問い合わせはこちら

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 渡邉 徳人
熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000 / FAX 096-283-6001
MAIL:info@kumamoto-kensetsu.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab