熊本県の建設業許可申請(建設業新規許可、各種変更届、更新)、経営事項審査(経審)なら行政書士法人WITHNESSにお任せ下さい。

HOME » 建設業許可の基礎知識 » 「身分証明書」と「登記されてないことの証明書」

「身分証明書」と「登記されてないことの証明書」

建設業の新規許可申請、更新等の際に必ず添付しなければならない書類ですが、どちらも普段使用する機会が少ないため、わからない方も多くいらっしゃいます。

身分証明書とは、以下の証明のことをいいます。

※運転免許証とは異なります。

「禁治産・準禁治産の宣告の通知を受けていない」
→禁治産・準禁治産とは心神喪失などにより自分の財産を管理・処理する判断能力がない人に後見人または保佐人をつけることです。

「後見の登記の通知を受けてない」
→後見登記とは判断能力が不十分な人を保護して支援するもの

「破産宣告・破産手続開始決定の通知を受けていない」

身分証明書の発行は本籍地が熊本市の場合は市内の区役所・出張所で1通300円の手数料で請求することができます。

本籍地が熊本市外の場合はその市区町村役場での請求となります。

本人以外が請求する際は委任者の押印がある委任状が必要です。

必要なもの

写真付きの証明書:住民基本台帳カード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、さくらカード等。

顔写真がない証明書:健康保険証、年金手帳、社員証、学生証等を2種類組み合わせたもの

※本籍地の地番までと筆頭者の名前を確認しておくこと
※郵便で請求することもできます。
※電話で請求することはできません。

「登記されてないことの証明書」

登記されてないことの証明書とは成年被後見人、被保佐人に該当しないということを証明するものです。

認知症、知的障害等により判断能力が不十分で不動産や財産の管理が難しい人を支援するために成年後見制度があります。

必要なもの

  • 申請書
    申請書は法務局のホームページよりダウンロードできます。
  • 窓口に来られる方(本人または代理人)の運転免許証、健康保険証、パスポートなど
  • 窓口に来られる方の印鑑
  • 代理申請の場合は押印のある委任状
  • 手数料1通につき300円(収入印紙)

※熊本地方法務局戸籍課で申請できます。(熊本第二合同庁舎3階)
(本籍地にかかわらず、全国の法務局でも請求できます。)
※郵送での請求は東京法務局後見登録課のみでの扱いとなります。
※オンラインでの申請は法務省のホームページより、オンライン申請システムで請求ができます。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

お問い合わせはこちら

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人 / 城本 亜弥
熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000 / FAX 096-283-6001
MAIL:info@kumamoto-kensetsu.com
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab